【衆院予算委詳報】安倍首相、甘利氏疑惑追及の民主・岡田代表にマジギレ 「無責任なただの誹謗中傷だ!」(2/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

衆院予算委詳報

安倍首相、甘利氏疑惑追及の民主・岡田代表にマジギレ 「無責任なただの誹謗中傷だ!」

 岡田氏「甘利氏は秘書からお金が入っていたといわれ、『政治資金としてきちんと処理するように指示した』と記者会見では言っている。もちろん、週刊誌報道は全く違うが、甘利氏の記者会見をなぞって私は質問している。後からきちんと処理するよう指示すれば、どんな意図で持ってきたか分からないお金が適正な政治資金になるのか」

 首相「繰り返しだが、正しく、まさに正しく、適法に処理されていなければ、問題なのは当然だ。だから、先ほどから申し上げているように、政治資金については、政治資金規正法にのっとって正しく処理することだ」

 岡田氏「首相は、正しく処理されているかどうかということだが、今回の場合は正しく処理されているのか。つまり、お金をもらった、面会したのは11月14日。しかし、政治資金の受け取り、その届け出がなされてるのは、翌年の2月4日。この約3カ月間、このお金はどうなっていたのか。領収証の日付も2月4日になってるはずだから、その間、お金は会館か地元か分からないが、事務所に置いてあったということか。それは政治資金といえるのか。私は、当然、意図としては裏金ではないかと見ざるを得ないし、3カ月後に領収証を切ったからといって、政治資金になるはずがないというふうに思うが」

 首相「私が申し上げていることは、政治家は、支援者から寄付の申し出があったときには、間違いなく法律にのっとって正しく処理することに尽きる。それが違法かということについては、個々のできごとについて答弁することは適当ではない」