大分の回転寿司チェーン「魚蔵」が破産手続き決定

 帝国データバンク大分支店によると、回転寿司チェーンの魚蔵(大分市)が1日、大分地裁から破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は約5億5千万円。同社は九州・沖縄の大型ショッピングセンターを中心に計11店舗を展開する。売上高が平成17年度の23億円をピークに減少傾向が続き、26年度は9億円だった。

会員限定記事会員サービス詳細