映画「残穢 住んではいけない部屋」主演・竹内結子 強い穢れが人と土地に感染する恐怖

映画「残穢 住んではいけない部屋」主演・竹内結子 強い穢れが人と土地に感染する恐怖
映画「残穢 住んではいけない部屋」主演・竹内結子 強い穢れが人と土地に感染する恐怖
その他の写真を見る (1/2枚)

 自分の住む場所には以前、どんな人が住み、どんな出来事があったのか。そして、その前は…。30日全国公開の「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」(中村義洋監督)は、アパートの怪現象を調べるうち、果てしない穢(けが)れの連鎖にたどり着く主人公らを描いた物語。主演の竹内結子(35)は「劇場を出た後、寝る前にもう一度楽しめる。恐怖をお持ち帰りできる作品です」と語る。(岡本耕治)

 竹内は平成10年、「リング」(中田秀夫監督)の開始早々に死ぬ女子高生役で映画デビューしたが、実はホラーが大の苦手。「チーム・バチスタの栄光」などで演出を受け、敬愛する中村監督の作品だったため、「何も知らずに引き受けた。脚本を読むだけでも大変でした」と苦笑いを浮かべる。

 原作は小野不由美の山本周五郎賞を受賞した同名小説。ホラー作家の私のもとに、ファンの一人である女性(橋本愛)から、誰もいない部屋で「畳を擦るような音がする」という手紙が寄せられたところから物語は始まる。

 「差出人は都内の大学で建築デザインを学ぶ女子大生で、仮に久保さん、と呼んでおく…」

会員限定記事会員サービス詳細