定価よりずっと安く…戦車、買えます! その購入方法とは

  T-55。PHOTOGRAPH BY JOHN HARWOOD (CC BY 2.0)

  T-64。PHOTOGRAPH BY ALEXANDER CHEBANENKO (CC BY-SA 3.0)

  写真はT-80u。PHOTOGRAPH BY VITALY V. KUZMIN (CC BY-SA 3.0)

  チーフテンMk.X。PHOTOGRAPH BY HUGH LLEWELYN (CC BY 2.0)

  交換が必要なパーツの修理は、すべて基本購入価格に含まれている。40年間の兵役に加え、バイヤーが現れるまで屋外駐車場に放置されていたこともあって、機器類はボロボロだ。ゴムホースは乾き切り、液体は腐敗し、塗装は何年もの日焼けで色褪せている。ディーラーは、“配車”前に油圧や電気、ブレーキ、ステアリングシステムをざっと調べ、エンジンをチューンアップし、ゴムや液体を交換し、ミリタリーオリーヴに綺麗にペイントしてくれるのだ。

戦車は引っ掻きキズやヘコミだらけなので、もし新品に見せたいというなら、改修にはさらに3万ドルが必要だ。座り心地をよくするために別の戦車のシートと交換したり、より強力なエンジンに交換したり、あるいは希少な戦車にそっくりにしたりするのも自由だ。

注文には30パーセントのデポジットが必要で、また、チェコ当局が書類仕事を終えるのに2カ月待たなくてはならない。改修作業は輸出審査が終わったあとに始まり、通常は2カ月以内には完了する。その間に、サーヴィスマニュアルの翻訳を依頼しておこう。オリジナルはチェコ語かロシア語で書かれているはずだ。

それから、戦車があなたの家にやって来るまでに、次の4つを済ませておかなくてはならない。まず、書類作成。アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局(Bureau of Alcohol%2C Tobacco%2C Firearms and Explosives、略称:ATFまたはBATF、BATFE)から火器や弾薬、軍事用品の輸入申請許可証を得る必要がある。

米国商務省による国際輸入証明書も必要だ。修正第2条(「規律ある民兵は自由な国家の安全保障にとって必要であるから、国民が武器を保持する権利は侵してはならない」)があるとしても、マシンガンを取り外し、大砲に穴を開けなければ戦車の発送はできない。また、米国農務省の要請に適うよう、土はきれいに拭き取っておこう。

それから問題となるのは、燃費だ。2%2C368立方インチのV12エンジンは、1マイルあたり2ガロンのディーゼル燃料を喰らい尽くす。また、これで米国の公道は走れないため、十分な広さの私有地を持っていた方がいいだろう。

会員限定記事会員サービス詳細