浪速風

ほんまに!?閉店ですか

「大阪一安いと うわさの靴店」がキャッチフレーズだった「靴のオットー」=23日午後、大阪市北区
「大阪一安いと うわさの靴店」がキャッチフレーズだった「靴のオットー」=23日午後、大阪市北区

「閉店商法」というのがある。閉店するのだから在庫一掃の大安売りだろうと客がつめかける。その先駆けかと思うが、ここは別格。20年以上も「もうあかん やめます!」の垂れ幕を掲げ、メディアにも紹介されて全国的に有名になった大阪の靴店がついに店じまいするという。

▶以前、立教大学の学生が東京都内で「閉店セール」を調査したところ、9店のうち実際に閉店したのは4店だった。いつまでたっても閉店しないなら看板に偽りありだが、大阪人はそんなことにはめくじらを立てない。閉店セールと開店セールを繰り返す店があるし、「本日開店」という店名の居酒屋もある。

▶オヤッ!?と思わせるのがミソ。家の近所に「大阪で2番目にうまい」たこ焼き屋があったが、これも「2番目」が効いている。「いつ閉店するんや?」「毎日閉めてますがな」。漫才みたいなやりとりを楽しむのが大阪である。前述の靴店は店主が体調を崩し、今度こそ本当らしいが。