錦織・全豪テニス4回戦速報(3完)

2年連続ベスト8進出 ツォンガに3-0でストレート勝ち

 テニスの全豪オープン第7日は24日、メルボルンで行われ、シングルス4回戦の男子で第7シードの錦織圭(日清食品)は第9シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)に6-4、6-2、6-4で勝ち、2年連続3度目の準々決勝進出を果たした。

 錦織は女子の杉山愛を抜いて日本勢単独最多の全豪20勝目を挙げた。

 女子第5シードのマリア・シャラポワ(ロシア)は第12シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)にストレート勝ちし、ベスト8入りした。(共同)