君津市主事、詐欺容疑で逮捕 他人の使用隠し口座開設 千葉

 別人に使わせることを隠して銀行口座を開設したとして、君津署は21日、詐欺の疑いで君津市保健福祉部高齢者支援課主事、畠山公宏容疑者(26)=同市杢師=を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成26年5月8日、銀行のインターネットサイトで、他人が使用するのを隠して自分名義の預金口座を開設するなどしたとしている。

 口座で不審なカネの動きがあったことから、犯罪に使用されている可能性があるとして同署が捜査していたところ、畠山容疑者が浮上した。

 同課では介護保険の事務を担当していた。

会員限定記事会員サービス詳細