現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

紳士的な隣人関係を築く他ない…日本はそう中国に納得させなければならない 今こそ長期安定政権を JR東海名誉会長・葛西敬之

葛西敬之氏
葛西敬之氏

昨年末、日韓両政府は慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的」に終焉させることに合意し、それを米国政府が裏打ちすることで、日米韓三国関係強化への布石が打たれた。今年1月6日に北朝鮮が行った核実験は、それに刺激されて国内を鼓舞するために行った示威行動なのではと思えるようなタイミングだった。国際社会が北朝鮮を非難し、経済制裁強化を検討するなかで中国の消極的な姿勢に対しケリー米国務長官が「中国は機能していない」と不満を表明した。

見えない国際社会の構図

東アジアでの軍事的・経済的覇権を目指す中国にとって、対米緩衝地帯である北朝鮮の存続は必須である。だから形だけは国際世論に同調しつつも、北朝鮮に実害を与えない対応となる。それは自衛隊機の緊急発進が急増し、尖閣諸島周辺での領海侵犯が繰り返され、国際法などどこ吹く風と南沙諸島の軍事基地化が進められている事実と軌を一にするものだ。

ランキング

  1. 【経済プリズム】復活した「軽EV」 目指せ世界のゲームチェンジャー 経済部編集委員・高橋俊一

  2. 【産経抄】6月25日

  3. 【主張】世界食料危機 「プーチン飢饉」許されぬ

  4. 【正論】朝鮮民族は日本人が考えるような甘い民族ではない 韓国が企てる統一への反日戦略とは… 古田博司

  5. 金総書記に焦り「朝鮮半島有事に備えよ」 龍谷大の李相哲教授が講演 仙台「正論」懇話会

  6. 【主張】サル痘の流行 警戒怠らず準備を整えよ

  7. 【偏西風】近鉄値上げに奈良知事もの申す 自治体は将来像描くセンスを

  8. 【主張】沖縄慰霊の日 再び「戦禍」被らぬ決意を

  9. 【正論】憲法改正反対派のデマ、レッテル貼りに屈するな 改正が独裁につながるなら世界は皆、独裁国家だ! 日本大学教授・百地章

  10. 【正論】中国の文化大革命から50年 政権を吹き飛ばす「狂気」は消え去っていない 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫

会員限定記事