浪速風

「水金地火木…」に新しい仲間が?

太陽系の最も外側を回る第9惑星とされてきた冥王星(プルート)は、1930年に米国の天文学者クライド・トンボーによって発見された。アメリカ人が発見した唯一の惑星で、ミッキーマウスのペットの犬が「プルート」と名付けられるなど、米国の誇りだった。

▶だから2006年の国際天文学連合総会で準惑星に降格されると落胆は大きく、冥王星を入れた棺が街を練り歩く葬儀も行われた。カルフォルニア工科大のチームが、新たな惑星が存在する可能性があるとの研究成果を発表した。まだ見つかっていないが、発見され第9惑星と認められれば、米国中が留飲を下げるだろう。

▶計算では、地球の10倍程度の質量があり、太陽から海王星よりも20倍離れた軌道を1万~2万年かけて回っているという。宇宙はまことに壮大で未知である。相次ぐテロや核実験や株価下落などで騒がしい地球を離れて、「水金地火木土天海」に続く名前を考えてみるのも楽しい。