関西の議論

在日コリアン富裕層がターゲット! 巨額申告漏れ認定、何があった!?…国税当局、海外資産課税を強化

 また、27年1月1日以後に発生した相続は課税対象が広がっている。従来は相続財産が6千万円以下(法定相続人が1人の場合)なら相続税はかからなかったが、法改正により3600万円以下(同)へ引き下げられた。

 26年は全国で課税割合が4・4%だったが、27年は6%台まで上がると見込まれる。

 専門家は、正しい知識を持って適正に納税するよう呼びかけている。

会員限定記事会員サービス詳細