ベッキー&ゲス極不倫疑惑

「ベッキーCM〝打ち切り〟」新たに1社、関電系通信会社が白紙転換…eo光展開、おさまらぬ騒動「総合的に判断した」

 同社は関西圏の戸建て住宅に光回線「eo(イオ)光」を展開する通信業者で、関西では有名企業の一つだが全国区での知名度は低い。CM好感度の高いベッキーさんの起用で、知名度アップを狙っていたものの、おさまらぬ騒動に耐えかねて、契約を白紙に戻すことにした。

 現在、ベッキーさんに代わるタレントの人選を急ピッチで進めており、新CMを2月中旬からスタートする予定だ。

 近年は、消費者が反感を持った企業の製品に対する不買運動などが、SNS(交流サイト)を通じて比較的容易に起きやすい環境にある。通信事業者にとって、春の入学・入社シーズンを控え、これからが、かきいれ時のシーズン。関係者によると、ベッキーさんを起用したCM放送による消費者からの批判を懸念する声が社内で強まってきたという。

 ケイ・オプティコムの広報部はベッキーさんのCMを更新しないことについて、「一連の報道の状態を勘案し、総合的に判断した」とコメントした。

 CMをめぐる一連の企業の動きは、疑惑や不正に対して厳しい目を向けるようになった消費者や株主に配慮した企業側の危機管理姿勢のあらわれといえる。