軽井沢スキーバス転落

道路左側にもタイヤ痕 車の左タイヤ部分、100メートル以上制御困難か

 長野県軽井沢町のスキーバス転落事故で、現場近くで見つかっていたタイヤ痕とは別に、さらに手前の道路上にも事故を起こしたバスのものとみられるタイヤ痕が確認されていたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。バスは少なくとも100メートル以上にわたって制御困難な状態になり、蛇行していた可能性がある。長野県警は、どの段階から異常な走行をしていたか捜査を進める。

 捜査関係者によると、新たに見つかったタイヤ痕は現場の約100メートル前。バスの左側部分が接触したとみられる傷が見つかったガードレール手前にあり、長さは約10メートル近くにわたっていた。このタイヤ痕は左側のタイヤ分しかなく、バスの左側に荷重がかかった状態で走行していたとみられる。