スポーツ異聞

女性登山家・谷口けいさんの滑落死から何を学ぶのか? 山のトイレ事情と「用足し」論

昨年暮れ、世界的な登山家、谷口けいさん(43)が大雪山系黒岳(北海道上川町)で滑落死した事故は、世界の山岳関係者に衝撃ニュースとして伝えられた。谷口さんは2007年、世界最高峰のエベレストに登頂し、09年には「登山界のアカデミー賞」といわれる「ピオレ・ドール(黄金のピッケル)」賞を女性として初めて受賞したことでも知られる。死のきっかけは登山中の「用足し」だった。日本を代表する女性アルピニストの無念の滑落死をめぐってさまざまな「憶測」を呼んでいる。

やっかいな「自然現象」

谷口さんは仲間4人と12月20日に入山。冬山装備に問題はなく、翌21日に登頂を果たしている。その後、谷口さんは用を足すためにパーティーと離れ、連絡が取れなくなった。捜索すると近くの斜面に滑落した跡が見つかり、谷口さんのものとみられる手袋も落ちていたという。

世界でもトイレ事情の悪いエベレストのような高峰に挑むクライマーにとって、自分の排泄物をどう処理するかは悩ましい問題である。「一流」といわれる登山家はビニール袋とトイレットペーパーをあらかじめ用意して汚物ごと持ち帰るが、岩陰に放置したままという不届き者も後を絶たない。人間の排泄物の処理をめぐる環境汚染という問題も浮き彫りになっている。

トイレ事情が悪いという点では、谷口さんが滑落死した北海道内の山もそれほど変わらない。四季を通じて登山客に人気のある北アルプスと違って山荘・ロッジと呼べるような充実した施設はなく、登山客の多くはテント泊である。標高1984メートルの黒岳の頂上付近にトイレはなく、20分ほど下った避難小屋にトイレが付設されているが、頂上から歩いていくには遠い。頂上付近にいた谷口さんは「お花摘み」(登山用語で用を足すことを指す)に行こうと雪道をかきわけ、勾配のある足場に気づかずに滑落した。死因は「脳挫傷」と分かった。滑落した際に岩場に頭部をぶつけたらしい。

当時、山頂付近には数十センチの積雪があったとはいえ、例年に比べて雪は少なかった。一見、世界的な登山家らしからぬ「あっけない最期」のように映る。しかし、山の世界では「魔が差す」としか言いようがない初歩的な事故が起こることが珍しくない。

ジャーナリスト、本多勝一の代表作『新版 山を考える』(朝日文庫)によると、安全度の高い確率の中で行動していながら、残りの「危険の確率」にひっかかるという。「どんな大ベテランも、登山の第一線にいる限り、いつかはこの『小さな確率』にひっかかる」と警鐘を鳴らす。

どんな山にも危険が潜む

2000メートル級の山とは比較にならない過酷な登山キャリアのある谷口さんにとって、さぞ悔やまれる死であったろう。しかし、どんな登山にも死線をさまよう危険は内在しており、低山だからといって軽んじることはできない。谷口さんの死を無駄にしないためにも、登山中の「用足し」の問題は決して些細なテーマではなく、もっと議論を重ねるべきであろう。用足しに伴う滑落事故の危険や環境への負荷を考察することも大切だ(女性はパーティーから見えにくい場所を探すため、より遠くへ離れる傾向がある)。

谷口さんが登山を始めるきっかけとなった冒険家、植村直己は1984年2月、米アラスカ州のマッキンリー山中で行方不明となったが、遭難死に至るまでの詳しい経緯は30年以上たった今も明らかになっていない。自分の限界を追求する登山家の最期は概してそのようなものである。天から授かった「享年」はともに43。人間の生涯としては悔やまれるが、登山家としては決して短かったわけではない。合掌。

会員限定記事会員サービス詳細