TVクリップ

「あまちゃん」「ビリギャル」「紅白」…の有村架純が、「皆さんが期待するような『月9』とは正反対になる」ってホント?!

【TVクリップ】「あまちゃん」「ビリギャル」「紅白」…の有村架純が、「皆さんが期待するような『月9』とは正反対になる」ってホント?!
【TVクリップ】「あまちゃん」「ビリギャル」「紅白」…の有村架純が、「皆さんが期待するような『月9』とは正反対になる」ってホント?!
その他の写真を見る (1/7枚)

■「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」 フジテレビ 18日午後9時スタート

 映画「ビリギャル」など話題作に相次ぎ出演し、昨年末のNHK紅白歌合戦ではゲスト審査員も務めた。今、最も勢いのある若手女優の一人だが、意外にも民放地上波の連続ドラマでは初主演だという。

 「憧れの『月9』をこんなに早く(主演)できるとは思っていなかったので、正直、びっくりしています。でも、『月9』ということはあまり意識し過ぎず、『良い作品にしたい』という思いを込めて日々、演じています」

 物語は平成22年の秋から始まる。北海道で養父母に育てられ、自分の願望を押しとどめて生きてきた少女、音(おと=有村)は1通の手紙がきっかけで、練(れん=高良健吾)という青年と出会う。「2人は『胸キュン』が前面に出た関係ではないのですが、『ただ一緒にいるだけで幸せ』という関係を画面越しに伝えられたら」

 脚本は、「最高の離婚」や「Woman」などを手掛けた坂元裕二氏。ラブストーリーであると同時に、若者の貧困など社会的テーマも今作には盛り込まれている。

 地方から上京してきた若者たちの「群像劇」でもある。音と練を中心とした6人の若者の恋物語が、5年という時間の経過とともに描かれる。

 自身も中学3年のときに女優を志し、上京した。「最初は本当に苦労しました。右も左も電車も分からないし、人は多いし…。同じ上京組として音ちゃんには共感しますし、当時のことを思いだすこともあります」

会員限定記事会員サービス詳細