世界でいま何が起きているかスマホに聞け 「人工知能」が災害や事故のSNS投稿を収集・速報 「日の丸」ベンチャーがアプリ開発

 村上氏は「大震災では何が起きたのかすぐに分からず不安が募った体験が開発の原点だ。一般市民がスマホで撮影した現場画像も、今ではネットに繋がったスマホで簡単に大勢に見せられるようになった。それらを抽出し編集して早く配信する。報道機関が詳細を報じるまでの間を埋めるのがSpecteeの役割だ」と語った。(柳原一哉)

■人工知能(AI)Artificial Intelligenceの略で、人の言語が理解できたり、論理的な推論、経験から学習するコンピューターの一つ。SF作品などの架空の存在とされがちだったが、人工知能搭載人型ロボット「ペッパー」が接客に乗り出すなど、近年は実用例も増えてきた。その半面、コンピューターが人の領域を侵犯する懸念も指摘されている。

■ソーシャルメディアユーザーが双方向で文章や画像、動画を投稿・閲覧することで意思疎通できるメディア。ツイッター、ユーチューブ、フェイスブックなど世界中にユーザーがおり、趣味の情報交換やショッピング、ビジネスにも利用が広がっている。月間利用者数はツイッターが3億1600万人、FBが15億5000万人とされる。

会員限定記事会員サービス詳細