ビジネス解読

和牛に対抗か? 韓国が「韓牛」輸出にご執心 でも「硬くてまずい」 しかも日本の輸入は口蹄疫の余波で…

          ◇

 では、韓国の機関が「輸出競争力がある」と太鼓判を押す「韓牛」は、日本にも進出するのか。農林水産省動物衛生課によると「韓国の牛も牛肉も、日本には入らない」。

 韓国では2000年に口蹄(こうてい)疫が発生し、その時点で日本は輸入を禁止にした。「韓牛」ブランドが出たのはその後のことだが、韓国では14年7月以後も京畿道などで口蹄疫の発生が確認され、農水省はホームページなどで警戒を呼びかけている。動物衛生課は「口蹄疫が日本に侵入する可能性はきわめて高い状況が続いている。韓国ではまだ口蹄疫問題が落ち着いていないので、輸入は認められない。お土産として韓国の牛肉を持ち込むこともできない」という。

 韓国側がまず最優先すべきことは、品質よりも衛生面や「食の安全」ということだろう。(今堀守通)