痛部屋 いたべや

アニメ絵で埋め尽くされ萌えの空間 ファンには最高の住み心地、ネットで公開自慢合戦

【痛部屋 いたべや】アニメ絵で埋め尽くされ萌えの空間 ファンには最高の住み心地、ネットで公開自慢合戦
【痛部屋 いたべや】アニメ絵で埋め尽くされ萌えの空間 ファンには最高の住み心地、ネットで公開自慢合戦
その他の写真を見る (1/3枚)

 「痛部屋(いたべや)」と呼ばれる空間づくりが、静かに萌え広がっている。壁や布団、枕、カーテン…。部屋一面に美少女キャラクターが描かれ、その世界観にどっぷり浸かる。インターネット上では、そんなアニメ絵ざんまいの自室を公開する自慢合戦も盛んだ。一方、中国人留学生はビジネスチャンスととらえ、「洗練されたオタクの部屋」としてムーブメントを牽引している。

寝ても覚めてもアニメにどっぷり

 「痛部屋」は、アニメ絵などで埋め尽くされた「痛々しい部屋」の意味。とっぴな行動などを「痛い」と表現する若者言葉に由来する。これまでにも、アニメ絵を自家用車に塗装した「痛車(いたしゃ)」や、爪に描いた「痛ネイル」が流行してきた。

 「痛部屋」では、生活空間そのものが演出される。寝ても覚めてもアニメの世界観に浸ることができ、ファンには最高の住み心地だろう。

 「俺も資金があったらそんな部屋にしてみたい」

 「もうポスター貼る場所に困る」

 ネット上の掲示板などでは、自作の痛部屋を自慢するやり取りが目立つ。

 カーテンと布団、抱き枕にそれぞれ1人ずつの美少女キャラが描かれた控えめなシンプルな部屋がある一方、壁やカーテンに留まらず、天井一面にまでびっしりアニメ絵を貼り付けた猛者も。また、ポスターなどは少なくても、所狭しとフィギュアを集めた部屋も「痛部屋」に分類されるケースがあるようだ。