ひなちゃんパパの家族レシピ

ネギと油揚げのゴマ鍋

ネギと油揚げのゴマ鍋
ネギと油揚げのゴマ鍋

年末からお正月にかけてごちそうが続いたので、胃腸がちょっぴり疲れ気味です。「パパはおいしそうにお酒もたくさん飲んでいたもの」と、ママに言われちゃいました。

「そういうときは、おなかをいたわる料理が一番。身近な材料を使ってシンプルな鍋料理を作ってみるのはいかが?」

江上料理学院副院長の江上佳奈美先生のアドバイスで、今日のメニューはお鍋に決まりました。

鍋料理なら肉や魚介、野菜、きのこなどいろいろな材料を用意しないといけませんよね。うちにあるのは長ネギ、油揚げ、三ツ葉…。正月明けの冷蔵庫はさみしいな。

「大丈夫よ! ゴマをたっぷり入れたスープで作ってみましょう」と江上先生。

まず、長ネギを2本、斜め切りにします。油揚げは熱湯を回しかけて油抜きしてから、食べやすく切りました。油抜きをせずに、軽くあぶってもおいしいそうです。

スープはすりゴマにみそ、めんつゆを合わせて作りました。近ごろは市販の鍋つゆもさまざまありますが、こういう身近な材料で作るレシピを覚えておくと便利ですね。具材をぐつぐつと煮て、ネギが軟らかくなったところでいただきます。

「フーフー…。ネギがとろとろでとっても甘いですぅ~」とひなちゃん。これはネギが主役の鍋だね。