iRONNA発

惑星有人探査 日本人が火星に降り立つ日 飛行士に求められる資質とは 村上祐資氏

 30年代には実現するといわれる、有人火星探査をはじめとする長期滞在ミッションでは、改めて「調和」の大切さが見直されるだろう。そう、僕たち日本人らしさがその鍵を握っている。

 iRONNAは、産経新聞と複数の出版社が提携し、雑誌記事や評論家らの論考、著名ブロガーの記事などを集めた本格派オピニオンサイトです。各媒体の名物編集長らが参加し、タブーを恐れない鋭い視点の特集テーマを日替わりで掲載。ぜひ、「いろんな」で検索してください。

【プロフィル】村上祐資

 むらかみ・ゆうすけ 極地建築家。昭和53年、横浜市出身。第50次日本南極地域観測隊・越冬隊員。模擬有人火星探査計画「MA365」、およびNASA「HI-SEAS」における日本人唯一のファイナリストに選ばれる。JFNラジオ番組『ON THE PLANET』では水曜パーソナリティーを務める。

会員限定記事会員サービス詳細