WOMEN

「男の職場」で夢つかむ 鉄道運転士に女性進出

 近鉄では永田さんが運転士になって以降、女性運転士の数が年々増加し、昨年12月の時点で17人が勤務。運転士全体の1・3%を占めている。

 女性運転士の増加は他社も同様だ。JR東海では、15年に新幹線の女性運転士も誕生、25年11月時点で、約14%にまで増加した。在来線でも女性運転士は増加しており、全体の約8%を女性が占めており、鉄道輸送の第一線で活躍しているという。

 《今週のキーワード「突進力」》

 最近でこそよく見かけるようになった女性運転士。法改正で女性の深夜、早朝勤務が可能になって以降、こうした現業部門で活躍する女性たちは日に日に増えている。

 だが、運転士を目指していた当時の永田和歌子さんにとって手本にしたり相談できる人はおらず、手探りの中、ひたすら自分の信じた道を突き進んできた。

 「運がよかっただけ」と話す表情に、先の見えない不安や重圧に屈せず夢をつかんだ自負を感じた。(川瀬充久)

会員限定記事会員サービス詳細