スマホなど携帯電話の料金 契約内容を把握、無駄見直そう

 橋本さんは「1つ100円のオプションも積み重なると結構な金額になる。また、契約時に特典として選べる期間限定の無料オプションは期間が過ぎれば有料になる。定期的に明細書をチェックして」とアドバイスする。

格安スマホも視野に

 大手3社の新料金プランは、1~2GBで月額5千円以下となる見通しだが、大手3社の回線を使い格安でサービスを提供する「格安スマホ」はすでに同5千円以下の料金プランが多数ある。毎日の通話があまり多くなく、大手3社の定額で通話し放題になるサービスが不要という人は、格安スマホに変えることで大幅に安くなる可能性がある。

 格安スマホの楽天モバイルを使っている東京都江東区の自営業の男性(59)の場合、通話は使った分だけ、データ通信は3GBまでの定額設定で、スマホ代は月額2千円弱だ。

 橋本さんは、「格安スマホは以前は自分で初期設定しなければならないなどハードルが高かったが、最近は店頭で設定してくれるものもある。料金を節約したければ、格安スマホを選択肢の一つとして検討する価値はある」と話している。