関西の議論

「同じ中国人じゃないのか」続訪日台湾人が無言で観光 ネットで拡散する中台論争

 記事は中国語に翻訳され、台湾で最多発行部数を誇る大手紙「自由時報」(http://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/1534168)をはじめ、若者らに人気の大衆紙「蘋果(ひんか)日報」(アップルデイリー)の台湾・香港電子版(http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/new/20151209/749423/)、台湾のテレビ局、中国、香港のサイトでも紹介された。

 台湾、香港メディアが「日本のメディアが台湾の旅行客の心情を鋭く見抜いた」などとセンセーショナルに報じたのに対して、中国では「参考消息網」などが「台湾人は日本では中国語は話さない」などと淡々と記事要約を紹介するのにとどまった。

台湾ネットユーザーのシェアなどで“拡散”

 しかし、中台のネットユーザーらは敏感に反応。各サイトへの意見の書き込みだけでなく、フェイスブックなどのSNSも通じて感想や意見が続出した。

 台湾のネットユーザーからは「まったく報道の通り」「確かに日本では無口になる」と同意が目立った。

 なかには、「日本では『台湾人』をアピールした方が快適に過ごせる。実体験からそう思う」とする意見や、「私は台湾人。中国人ではない。中国人と一緒にされたくないのは当然」とする声もあった。

 一方で「日本の免税店などでも、中国語の通訳が常駐するようになっている。日常使っている言葉はもっと堂々と話したらいい」との指摘もあった。