風前の灯

混浴温泉は消えゆく運命なのか? AVロケ、露出マニア、「ワニ」の存在がネックに… 温泉ジャーナリズム誌編集長に聞く

 さらに「不動の湯」の場合は、AVのゲリラ撮影の場所として狙われたという不運もあったとする。

 「そうした撮影場所に向いた条件はいくつかあり、まず管理人が常駐していないこと。さらに自然の中にあって、ある程度広い湯船があるなど絵面がいいこと。加えて、東京から近場であること。そうした観点で探すと、関東でやりやすい所は決まっており、管理する側も自覚して気をつけなければならなかった。結果的に、そういう条件を満たした塩原は格好の場となってしまった」

1年で100カ所減

 こうしたマナー悪化は塩原に限った話ではなく、程度の差はあれ各地の混浴共同湯で共通して抱える問題。さらに、家族風呂や貸し切り風呂などを除いた温泉宿の混浴風呂も急減している。二之宮編集長は「混浴に入れなくなるのも、そう遠い未来の話ではない」と予想する。

 「全国の混浴の数は公的な統計があるわけではないが、『温泉批評』に寄稿してもらっている人の集計によると、1990年代前半には1200以上あった混浴が、2013年に数えてみると700を切っていた。20年ほどで4割減った計算だ」

 その後、現在までの2年間でさらに急ペースで減り、いまや500を切っているという。「2年前と比べても3割減で、1年で100カ所ほどが消滅したことになる。このままいくと、いずれゼロになるのでは」

 旅館業法や公衆浴場法の規制により、混浴を新設することはほぼ不可能に近い。いま存在している施設がなくなった時点で、混浴は日本から絶滅する運命にあるといえる。

会員限定記事会員サービス詳細