歴史事件簿

南太平洋海戦(上) 「俺が大和で…」焦る山本五十六 日本軍に立ちはだかったレーダーとヘンダーソン飛行場

【歴史事件簿】南太平洋海戦(上) 「俺が大和で…」焦る山本五十六 日本軍に立ちはだかったレーダーとヘンダーソン飛行場
【歴史事件簿】南太平洋海戦(上) 「俺が大和で…」焦る山本五十六 日本軍に立ちはだかったレーダーとヘンダーソン飛行場
その他の写真を見る (1/8枚)

 昭和17年10月、ガダルカナル島での日米の攻防は物量豊富なアメリカ側が昼間で優位に進める一方、夜戦を得意とする日本側は度々の夜襲で敵を混乱に陥れるなど、一進一退の状態が続いていた。特に日本軍にとって目の上のこぶとなったのは、レーダーと島のヘンダーソン飛行場の存在だった。夜に紛れての飛行場砲撃で派遣した艦隊もレーダーのため、初弾が命中するといった憂き目にもあった。そんな中、山本五十六・連合艦隊司令長官が頼りにしたのは2隻の高速戦艦だった。

初弾命中

 10月11日、米・ヘンダーソン飛行場の砲撃を目的に派遣された日本海軍第6戦隊の重巡「青葉」など重巡3隻が駆逐艦2隻を伴い夜闇に紛れて、飛行場近くのサボ島付近を航行している最中だった。午後9時43分に青葉の見張員が10キロ先を航行中の複数の艦船を目撃する。

 報告を受けた艦隊司令官の五藤存知(ありとも)少将は陸軍の兵器を島に輸送した水上機母艦とみたが、進路方向が逆なので様子を見ながら前進を続けた。

 そして距離が7キロに縮まったころ、見張員から「さきほどの艦船は敵」とする報告を受け、とっさに五藤少将は総員配置と艦隊の変針を命じる。だが、午後10時20分、上空に照明が降り注ぐと1発目の砲弾が青葉の艦橋に命中した。

 大きく損壊することはなかったが、当たり所が悪く、五藤少将は戦死、多数の幹部も死傷した。司令官を失った青葉は戦列を離れると、今度は2番艦の重巡「古鷹」が集中攻撃を受け沈没する。

会員限定記事会員サービス詳細