話の肖像画プレミアム

山東昭子(73)=参院議員=田中角栄から「政治をやらないか」とたたみかけられ…

【話の肖像画プレミアム】山東昭子(73)=参院議員=田中角栄から「政治をやらないか」とたたみかけられ…
【話の肖像画プレミアム】山東昭子(73)=参院議員=田中角栄から「政治をやらないか」とたたみかけられ…
その他の写真を見る (1/4枚)

政治には「信頼」と「感性」必要

 〈4月に大島理森衆院議長から自民党「番町政策研究所」(現山東派)の会長職を譲り受け、党史上初の女性の派閥領袖(りょうしゅう)となった〉

 派閥領袖の大切な仕事は、所属議員を当選させること。最近は個性の少ない「サラリーマン議員」が目立ちます。私を政界に導いた田中角栄元首相の時代は、たくましく、骨がある政治家が多かったですね。当落ばかりを考える政治家は、国家のために行動できないと思います。

 〈芸能界から政界に入り「タレント議員のはしり」といわれるが、政治家としては骨太な人生を歩んだ。平成23年には尖閣諸島(沖縄県石垣市)を購入しようとした石原慎太郎東京都知事(当時)と地権者との仲介にも関わった〉

 知り合いだった地権者と慎太郎さんを私の自宅に呼び、密談しました。慎太郎さんは「都で買っちゃうからいい。都幹部は、50億円までなら大丈夫と言ったから」と。地権者も「中国人や日本の政治家を含め購入話を持ちかけられたが、慎太郎さんが好きだ」と話したので紹介しました。購入話は合意直前まで運び、「男と男の約束」なんて、2人は握手もしたんですよ。

 私は今でも、国で購入した野田佳彦首相(当時)は判断を間違えたと思います。日本国民が「領土は自分たちで守る」とあれだけ寄付をして盛り上がったでしょ。対中国を考えても、政府以外の自治体などにいったんやらせた方が戦略的に正しかった。中国は都が買っても文句を言うでしょうが「国」では度合いが違います。

 もっと言えば、野田さんはなぜ胡錦濤国家主席(当時)と購入直前に会談しながら、事前通告しなかったのでしょうか。主義主張が違ったとしても、政治家同士では「根回し」が非常に大事。最低限の配慮があれば、日中関係はここまで冷え込むことにならなかったと思います。

会員限定記事会員サービス詳細