インタビュー

おもしろい記者の個性、引き出せる番組作りも フジテレビアナウンサー・境鶴丸さん(下)

【インタビュー】おもしろい記者の個性、引き出せる番組作りも フジテレビアナウンサー・境鶴丸さん(下)
【インタビュー】おもしろい記者の個性、引き出せる番組作りも フジテレビアナウンサー・境鶴丸さん(下)
その他の写真を見る (1/2枚)

 フジテレビのニュースを伝えているアナウンサー、境鶴丸さん(51)は地上波以外でも活躍している。フジテレビがインターネットなどで発信する専門局「ホウドウキョク」で毎週金曜午後、ニュースの解説番組を担当しているのだ。

 スタジオに解説委員やゲストを招き、1つのテーマについて25分ほど説明する。

 12月のある週のテーマの一つは「電力の小売全面自由化」。来年4月からの自由化の概要を丁寧に解説していた。ゲストの弁護士が契約の際に留意する点を挙げ、「より快適な電気生活を送ってほしい」と説明すると、境さんが「『電気ライフ』という発想はなかったですね」と笑顔で受け、解説委員も「ドライヤーをいつの時間帯に使っているか、なんて考える必要があります」と話した。

 「地上波のニュースは時間が短い。ホウドウキョクはトーク中心で、長い時間放送できるのが特徴です。ラジオみたいで楽しい」

 ホウドウキョクには多くのフジテレビ報道局の記者や解説委員が登場。ニュースでは見られないような表情が出たりする。「記者がこんなにおもしろい個性を持っているとは知らなかった。話したいこともいっぱいあると感じます。地上波のニュースは制約が多くて、おもしろさを出せていない。もっと記者の個性を出せたら楽しいですよね」

会員限定記事会員サービス詳細