消防署長がノコギリや流木を万引き 市消防局「信用失墜させる行為」 兵庫・尼崎

 兵庫県尼崎市消防局は26日、中消防署の男性署長(60)が市内のホームセンターでノコギリなど5点を万引したと発表した。

 兵庫県警尼崎東署によると、署長は万引したことを認めているという。同署は、逃走の恐れなどもないことから在宅のまま窃盗容疑で捜査を進め、容疑が固まれば書類送検する方針。

 同消防局によると、署長は同日午前11時5分ごろ、同市下坂部のホームセンターでノコギリ1点、インテリア用の流木3点、ニス1点(計約3千円相当)を盗んだという。

 同消防局の河本博志局長は「消防の信用を大きく失墜させる行為で、おわびする。厳正な処分を行い、再発防止を徹底する」とのコメントを出した。