「市民連合」結成会見詳報(6完)

「SEALDsの奥田愛基君が立てば必ず当選するが」…被選挙権ありませんよ

 --衆院北海道5区補選で新党大地との関係をどうするか

 山口二郎法政大教授「(新党大地の)鈴木宗男さんとは個人的に話はしたいと思うが、鈴木さんには鈴木さんの考えがあるので、どうしても野党結集に乗れないということであれば仕方ないという可能性もある。鈴木さんの協力が必須だというふうには今のところは考えていない」

 --公募や討論会による予備選などは考えているか。農業県が多い参院選1人区で勝つために、例えば環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について政策を固めたりはしないか

 佐藤学東京大名誉教授「市民連合の論理を貫きたいということだ。個々の選挙区というのは政党間でいろんな事情がある。そういうことで政党間が内向きになっていくことを懸念している。内向きにならないで、野党共闘を推し進めなければ、1人区、どこも勝てないので。現実的には。その後押し部隊が市民連合というふうに考えていただければと思う。個々の選挙区に応じて政策的な問題がある。それに関しては、それぞれの選挙区に市民団体があると思う。そこで調整してもらえばいいと考えている」

会員限定記事会員サービス詳細