「市民連合」結成会見詳報(3)

ママの会・西郷南海子氏「誰の子供も殺させないため野党共闘を…」

 「次の選挙で、また与党が勝ってしまえば、この国では憲法を守ろうとさえしない人が多いんだということになってしまう。子供を育て続ける限り、私たちは行動することで子供に希望を見せていく。そこでどうしても必要になるのが野党共闘だ。それは『二度と戦争しないからね』という大人の姿を子供たちに見せることだ。来年の参院選では、誰の子供も殺させない政治を目指す候補者を一人でも多く国会に送り出したい。既に各地の草の根で、さまざまな選挙協力の形を手探りしている」

 「選挙を待つだけではない。来年3月には施行されるという安保法制の問題点は、まだまだ知られていない。なので、この問題点を繰り返し訴えていく。そのためにママの会もパンフレットを2万部つくり、既に1万部の申し込みがあった。これを各地の保育園や幼稚園に配り、さらには2000万人署名も呼び掛ける。そして日本経団連に対しては、武器輸出提言を撤回するように申し入れに行く。誰の子供も殺させない世の中を作ることに私たちは力を尽くす。野党の皆さんにも、この譲れない思いをどうか受け取っていただきたい」

会員限定記事会員サービス詳細