北村有起哉、パパになっていた!妻・高野志穂との間に1歳の長男

 父譲りの演技力で幅広い役をこなし、映画、ドラマ、舞台で独特の存在感を放つ有起哉が、ひそかに父親になっていた。

 2002年のNHK連続テレビ小説「さくら」のヒロインで知られる高野との間に、昨年11月、待望の男児が誕生。出産に立ち会った有起哉は、自らのDNAを受け継いだ生命の誕生に感動したという。それから1年、関係者によると、子供好きなこともあって積極的におむつ替えを手伝うなどすっかりイクメンだ。

 サンケイスポーツの取材にコメントした有起哉は、心境の変化について「余裕ができてきたかも」と笑顔。一家の大黒柱となり「自然とタフになった気がします。体力面も気力面も。なんかまた新しいエンジンを積んだような」と子供の存在が励みになっており、「我が子の存在の大きさに驚く日々です」と感慨深げに語った。