菅長官、夫婦別姓認めない最高裁判断に「国の主張が認められた」

 菅義偉官房長官は16日の記者会見で、最高裁が民法で定めた「夫婦別姓を認めない」とする規定を合憲と判断したことについて「国の主張が基本的に認められたと考えている」と評価した。

 菅氏は夫婦別姓に対して「国民の間にさまざまな議論があるのも事実だ」と指摘。その上で「最高裁の判断が示された中で、国民的な議論を踏まえ、慎重に対応する」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細