ソウルからヨボセヨ

「反日無罪」の罪

 日本で靖国神社のトイレに爆発物を仕掛けた事件で韓国人容疑者が逮捕された。真相や背景は捜査結果を待たなければならないが、靖国神社は日本人にとっては英霊が眠る国家的あるいは国民的な神聖な場所だ。事件はそれに対しある種のテロを企てたものだ。大胆というしかない。

 韓国人容疑者で思い出されるのは、日本がらみでよく語られる「反日無罪」のことである。日本に対する批判、非難なら何でも許される、何をしてもかまわない雰囲気をいう。たとえば靖国神社関係の事件では先年、中国人(朝鮮族)の放火犯を韓国政府は日本への引き渡し要請を拒否し中国に無罪放免している。

会員限定記事会員サービス詳細