靖国爆発

寝耳に水…再入国、羽田で確保 トイレ不審物の鑑定急ぐ

【靖国爆発】寝耳に水…再入国、羽田で確保 トイレ不審物の鑑定急ぐ
【靖国爆発】寝耳に水…再入国、羽田で確保 トイレ不審物の鑑定急ぐ
その他の写真を見る (1/2枚)

 再び日本に戻った容疑者は、自動照合によって羽田空港で身柄を確保された-。靖国神社の公衆トイレで爆発音がした事件は9日、全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)=建造物侵入容疑で逮捕=の再入国で急展開した。警視庁公安部が防犯カメラの画像を解析し、滞在先まで特定しながらも一度出国した全容疑者。長期戦も覚悟していた警察当局にとって、再入国は意表を突かれた格好だった。事件の目的や意図も不明で、全容解明には時間を要しそうだ。

 全容疑者の逮捕を受け、捜査の焦点は全容疑者が不審物の設置に関与したかどうかに移る。警視庁公安部は防犯カメラを解析したが、現場トイレに立ち入ったかは確認されていない。公安部は全容疑者の日本での足取りを調べるとともに、爆発物取締罰則違反容疑の適用も視野に不審物の爆発能力の鑑定を急ぐ。

 9日午後8時45分ごろ、警視庁本部への移送のため麹町署を出た全容疑者。短髪に無精ひげを生やし、落ち着いた様子で車に乗り込んだ。取り調べには素直に応じ、空港での任意同行の際も暴れる様子はなかったという。

 再入国は警視庁にとっても寝耳に水だった。「想定外。再入国の理由が分からない」と捜査幹部は驚きを隠さなかった。全容疑者は事件当日に韓国に帰国していたため、公安部は現地捜査当局への協力要請の検討を進めている最中だった。

 捜査は新たな局面を迎えたが、全容解明にはまだ壁がありそうだ。公安部は防犯カメラの分析を進め、犯行時間前後に不審な動きをする全容疑者の存在を突き止めていた。だが、捜査関係者は慎重な姿勢を崩さない。「現場トイレへの出入りは確認できていない。現段階で不審物を置いたと断定できない」

 また、不審物の捜査も進んでいるが、爆発物取締罰則違反容疑適用の前提となる「爆発物」との認定はできていない。トイレから見つかった金属製パイプには燃えた痕跡がある固形物が詰められていたが、爆発能力の有無は不明だ。