デビュー

オーディション落ちたのに…朝ドラ「あさが来た」で女優デビュー 清原果耶(きよはら・かや)さん(13)

【デビュー】オーディション落ちたのに…朝ドラ「あさが来た」で女優デビュー 清原果耶(きよはら・かや)さん(13)
【デビュー】オーディション落ちたのに…朝ドラ「あさが来た」で女優デビュー 清原果耶(きよはら・かや)さん(13)
その他の写真を見る (1/22枚)

 NHK連続テレビ小説「あさが来た」で女優の道へ-。ヒロイン・あさ(波瑠)の嫁ぎ先「加野屋」の女中、ふゆ役で芝居の世界に飛び込んだ清原果耶さん(13)。長い黒髪が印象的な彼女は、昨年オーディションでグランプリに輝き、芸能界入りしたばかりの新鋭だ。小学生の頃から憧れていた夢への一歩を踏み出した清原さんに、これまでの歩みや女優業への思いを語ってもらった。(芦田彩)

 --以前から女優に憧れていたのですか

 小学5年くらいのときにテレビドラマを見ていたら、お芝居をしている人がかっこよく、楽しそうで、自分もやってみたいと思いました。それで、歌やジャズダンス、タップダンス、バレエ、ミュージカルを習い始めました。

 --芸能界入りのきっかけは

 母親が「アミューズオーディションフェス2014」を見つけてきてくれて、グランプリを受賞しました。その後、CMに出演したほか、現在は雑誌「ニコラ」の専属モデルも務めています。

 --朝ドラ出演のきっかけは