沢尻エリカで大奥復活!悪女と聖女演じ分け充実の笑顔

 沢尻が、壮絶な女の園「大奥」に参戦だ!

 「大奥」は、徳川将軍の側室や正室が暮らす男子禁制の大奥での人間模様を描く人気シリーズ。

 連ドラは2003年から05年まで3本を放送。視聴者の反響も大きく、フジの制作側は数年前から同作を継承するのにふさわしい女優として沢尻を主役に新作を計画。「女優としていろいろな顔を持つ沢尻さんに演じてもらいたい」と悪女と聖女の新バージョンを制作し、11年ぶりに復活させる。

 沢尻が演じるのは、10人以上の側室との間に50人以上の子供をもうけたとされる無類の女好き江戸幕府の第十一代将軍、徳川家斉が愛した2人の対照的な側室。

 来年1月22日放送の「第一部~最凶の女~」は、実在した史上最強の側室お美代役。家斉を誘惑する悪女として妖艶な演技で魅せる。

 同29日放送の「第二部~悲劇の姉妹~」では、家斉に気に入られて大奥入りした架空のオリジナルキャラクター、梅役。同じく側室となった妹の嫉妬に耐えるけなげな聖女を体現する。

会員限定記事会員サービス詳細