人民元SDR入り

「元は国際基軸通貨になり得ない」 野村証券投資情報部チーフ・マーケット・エコノミスト 美和卓氏

野村証券の美和卓さん
野村証券の美和卓さん

 --人民元がSDRに採用された。日本経済への影響は

 「直接的にはアジア地域での企業間貿易決済で元の比率が高くなるだろう。円決済の地位は相対的に低下する。ただ、アジアに進出する日系メーカーの現地法人と日本の本社間の決済は円建てが多く、SDR採用は影響しない」

 --アジアで元が米ドルに取って代わる可能性は

 「中国は為替をコントロールし続けなければ国内の経済を安定化できず、中国本土と海外との間での資本移動も制限している。中国の経済減速によって元は相対的に弱くなっており、仮に為替取引を完全自由化してしまうと元が暴落する危険性があるからだ。このため、元は国際基軸通貨とはなり得ず、ドルの地位は揺るがない」

 --中国が現地企業に元決済を求めた場合、現地企業と日系企業との決済が円から元に置き換わるリスクは

 「中国は、アジアインフラ投資銀行(AIIB)を通じて地元企業に元建て資金を融通し、現地企業はその元を中国企業に支払って資材を購入するインフラ整備の図式を描いている。中国政府の息のかかった取引先から元決済を持ちかけてくるリスクはある」

 --金融機関は元決済ビジネスを拡大しようとしている。リスクはないのか

 「積極的に元ビジネスにのめりこめば危険だと思うが、現段階ではそういう感じではなさそうだ」

 みわ・たかし 東大教養卒。平成2年野村総合研究所。16年野村証券に転籍。経済調査部、投資調査部、投資情報部エコノミストを経て27年9月から現職。47歳。静岡県出身。

会員限定記事会員サービス詳細