【自作再訪】「完成感がないから、これまで続いてきたのかもしれません」 新川和江さん「わたしを束ねないで」(1/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

自作再訪

「完成感がないから、これまで続いてきたのかもしれません」 新川和江さん「わたしを束ねないで」

【自作再訪】「完成感がないから、これまで続いてきたのかもしれません」 新川和江さん「わたしを束ねないで」
【自作再訪】「完成感がないから、これまで続いてきたのかもしれません」 新川和江さん「わたしを束ねないで」
その他の写真を見る (1/2枚)
ありふれた日常、気取らず新鮮に

 〈わたしを束(たば)ねないで/あらせいとうの花のように/白い葱のように/束ねないでください わたしは稲穂/秋 大地が胸を焦がす/見渡すかぎりの金色(こんじき)の稲穂〉

 中学の国語教科書で初めて接した新川和江さん(86)の詩「わたしを束ねないで」。まだ何者にもなりえていない少女の胸にも、美しい日本語の響きとともにしみとおった。女性性を歌い上げた詩は、いまなお若い読者を得て、半世紀近く愛されている。(聞き手 永井優子)

 最初は「わたしを縛らないで」だったんです。でも、それだと泥棒みたいだし、何かないかと考えているうちに、葱(ねぎ)なんかを束ねるって言うでしょ。だから「束ねないで」にしました。

 共感されやすいのは、歌の要素があって、読む人に呼びかけているから。各連が同じ形式で、心のリズムに乗ることができる。書かれていること自体は、他愛のないこと。私もまだ若かったから、あまり悩まずに書いていました。

 〈わたしを名付けないで/娘という名 妻という名/重々しい母という名でしつらえた座に/坐りきりにさせないでください わたしは風/りんごの木と/泉のありかを知っている風〉