プロに聞く

TPP大筋合意で著作権「非親告罪化」 同人誌やコミケの取り締まりは厳格化するのか?に弁理士が答える

コミケ寛容ムードも、条文化が必須

 「一番話題になっている著作権の複製の非親告罪化についてです。事前に懸念の声が大きかったのは、コミケなどで、いわゆるコミックやアニメーションを元にした同人誌の作成です。厳密にはもちろん複製権や同一性保持権の侵害になるが、コンテンツホルダー側はあまりにたくさん作られているので取り締まれないという理由や、それも一回りして宣伝になるという考え方があった。また、同人誌作家出身の実際の漫画家が増えてきているということで、そういったことを含め全て業界の発展に役立つと事実上黙認してきました」

 「著作権侵害にいちいち目くじらを立てないという暗黙の了解があって、それがコミケ文化を発達させていたということもあったが、非親告罪になるとコンテンツホルダー側が容認していても、公権力が勝手に取り締まるんじゃないか、実際に取り締まらないまでもそれによって同人誌作家の創作意欲が減退してしまうんじゃないかというような話があった。非親告罪によって恣意的な取り締まりが行われ、いわゆる別件逮捕みたいな話は、どちらかというとマスコミの記事などで出ていたことですが、違法コピーを口実に公権力が別件逮捕するんじゃないかというような懸念が言われていました」

会員限定記事会員サービス詳細