地震のサインは意外なところに?…地下水温の変化ポイント 近畿、NPO法人調査

 大規模地震の前兆とみられる「地下水温の上下降の変化」が、近年、近畿地方各地で観測されていることが、元東大地震研究所准教授、佃為成氏の調査で分かった。佃氏は「地震が起きる条件が整いつつある可能性がある」とし、26日にNPO法人を立ち上げ、継続的な調査に乗り出した。

岩盤に何らかの動き?

 佃氏によると、地下水温は岩盤同士が押し合う圧力によって変化。直下型地震は地下の岩盤に大きな力が加わることで発生するとされ、地下水温の変化は、岩盤に何らかの動きがあったことを示している。

 佃氏は平成7年の阪神大震災から12府県約30カ所の井戸や湧き水にセンサーを設置し、地下水温の観測を開始。近畿地方では14年ごろから、岩盤がゆがむ速度の増加が観測され、地下水温の変化も現れている。

 兵庫県淡路市の観測点では、年間0・017度で下降を続けていた地下水温が25年4月に起きたマグニチュード(M)6・3の地震を機に上昇に転じた。上昇は現在も継続し「注視が必要だ」(佃氏)という。

会員限定記事会員サービス詳細