大阪ダブル選

共産・山下書記局長 自共共闘「今後の財産」

 共産党の山下芳生書記局長は24日の記者会見で、共産党が支援した自民党系候補が破れた府知事・市長の大阪ダブル選について「結果は残念だが、大阪の民主主義と住民自治を取り戻すため、立場を超えた共同が発展したことは今後の財産だ」と力説した。大阪都構想をめぐる今後の議論で、「自共共闘」が再び必要になる局面が出てくるとの見通しも示した。

 共産党が自民党系候補を支援したことで、保守票が対立候補に流れたとの見方については「私の方に大阪の自民党幹部や中央の自民党幹部からそのような声は届いていない。むしろ自民党側から感謝の言葉が届いている」とかわした。

会員限定記事会員サービス詳細