新発田の強姦 被告母、極刑望む供述「被害者に申し訳ない」 新潟

 新発田市で女性を次々と襲い、強姦(ごうかん)致死罪などに問われた喜納(きな)尚吾被告(32)=同市=の裁判員裁判は17日、新潟地裁(竹下雄裁判長)で、被告が起訴内容を認めている強姦など4つの事件についての被告人質問などが行われ、被害者を増やさないために喜納被告の母親が息子に極刑を望む供述をしていたことが明らかにされた。

 母親の供述調書は、同市で平成25年8月に起きた連続強姦事件で喜納被告が昨年5月に逮捕されたことを受け、新潟地検が昨年6月に作成した。裁判で証拠請求した弁護側が調書の内容を読み上げた。

 供述によると、喜納被告は子供の頃から両親や他人の現金を盗むことを繰り返し、母親の手に負えない状況だった。刑務所に服役していた事実にも触れ、25年8月の連続強姦事件に関して「被害者には本当に申し訳ない気持ちでいっぱい」とした上で「尚吾が終身刑か処刑になれば、これ以上、被害者を増やすことにならない」と言及した。

 母親の供述内容への思いを裁判員に聞かれ、喜納被告は「自分の子にそういう風に思わざるを得ないのは、親として苦しいことだろうと感じた」と述べた。

 新潟地検によると、喜納被告は沖縄県内で起こした強姦致傷事件などで16年10月から約8年間服役した。

 これとは別に、16年5月に沖縄県で発生した当時16歳の少女に対する強姦致傷事件への関与を、喜納被告は今月6日の検察側の被告人質問で認めたが、この事件は時効を迎えている。

 17日は強姦致死事件の被害者遺族も出廷し、両親と2人の兄が「私たち家族は絶対にあなた(喜納被告)を許さない」「死刑でも軽い」と重い刑を求めた。

 一方、喜納被告の元妻は証人尋問で、性犯罪者の更生施設の利用や加害者家族の集まりへの参加などで、喜納被告が強姦事件を再び起こさないようにしたいとの考えを話し、今後も被告を支える意志を示した。

会員限定記事会員サービス詳細