【編集日誌】消費税10%は無謀? - 産経ニュース

メインコンテンツ

編集日誌

消費税10%は無謀?

 消費税増税の再延期をそろそろ考え始めてもよいのではないでしょうか。16日に発表された7~9月期の国内総生産(GDP)速報値を見て、そんな思いが頭をかすめました。

 7~9月期GDPは実質で前期比0.2%減と2期連続のマイナス。設備投資に対する企業の慎重な姿勢は想像以上で、それは先行きが不透明であるという一つの表れでもあります。

 再来年4月の消費税増税まで1年半を切りました。「経済は生き物」といわれるだけに景気が一気に上向く可能性はゼロではないでしょう。しかし、現実的には3年連続の賃上げが実現したとしても、消費税率を10%に引き上げるだけの体力が1年あまりで日本経済に戻るとは到底思えません。昨年4月に行われた消費税8%の爪痕の大きさと、今の経済状況を考えると、さらなる増税は無謀に感じられます。(編集長 島田耕)