パリ同時多発テロ

仏大統領、イスラム国打倒へ米露と連携 近くオバマ、プーチン両大統領と会談 

 【パリ=内藤泰朗】フランスのオランド大統領は16日、パリ同時多発テロをめぐる議会の演説で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の打倒を誓い、国内外の支持取り付けに動き出した。17日には、パリを訪問したケリー米国務長官と会談し、対テロ共闘策について協議した。オランド氏は米露両首脳と近く会談し、対テロ戦に向けた国際的な団結を目指して外交を活発化させる。

 オランド氏は16日夕、ベルサイユ宮殿に上下両院議員を招集して演説。「テロはシリアで計画され、ベルギーで準備された」と指摘した上で、「国は全力を挙げて国民を守る」と述べ、イスラム国のテロに反撃し、破壊すると誓った。

 議会は17日、テロ直後に導入した非常事態宣言の3カ月の延長や、大統領権限を拡大する憲法改正など、大統領が要請した案件について議論を開始し、特別予算や法制面から対テロ戦の支援に動き始めた。

会員限定記事会員サービス詳細