TPP

林経産相「フィリピン、タイも強い意欲」 参加国拡大へ日米連携 フロマン代表と会談 

 【マニラ=西村利也】林幹雄経済産業相は17日、米通商代表部(USTR)のフロマン代表と会談し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の参加国の拡大に向け、連携することを確認した。16日に林氏と会談したタイとフィリピンの両閣僚はTPP参加に前向きな姿勢を示すなど、各国の関心は高い。日米は18日に開幕するアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議でも各国に参加を呼びかける方針だ。

 林氏とフロマン氏は、APEC閣僚会議の合間に会談した。終了後、林氏は記者団に「TPPに関して今後も連携していくことを確認した」と述べた。詳細な連携策については言及しなかったが、林氏は「フィリピンやタイから大変強い参加意欲を感じた。参加呼びかけなどを含めて(日米が)連携しながら進めていく」との認識を示した。

 日米両国はTPPを、APECが目指すアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)構想の土台と位置付ける。将来的にTPPの枠組みを拡大することで、FTAAPを実現する思惑だ。

会員限定記事会員サービス詳細