速報

速報

北朝鮮がミサイル発射か 海上保安庁発表

MRJ初飛行

産業振興に高まる期待 経産相「新時代の幕開け」 期限通りの納入がかぎ

【MRJ初飛行】産業振興に高まる期待 経産相「新時代の幕開け」 期限通りの納入がかぎ
【MRJ初飛行】産業振興に高まる期待 経産相「新時代の幕開け」 期限通りの納入がかぎ
その他の写真を見る (1/3枚)

 国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が11日、初飛行に成功した。日本の航空機産業にとって大きな節目だ。今後は安全性に関する認証「型式証明」の取得や期限通りの納入ができるかが焦点となる。MRJが事業として成功すれば、部品メーカーなどへ波及効果が広がり、他分野の産業振興への期待も高まる。(黄金崎元)

 「成功。しかも、大成功だった」

 三菱航空機(愛知県豊山町)の森本浩通社長は11日、MRJの初飛行成功を受けて名古屋市内で記者会見を開き、笑顔をのぞかせた。森本氏はさらに、現行の試験機よりも席数が多い100席クラスの開発を検討する考えを示した。

 MRJの初飛行には、機長や副操縦士など5人が搭乗。MRJは午前9時35分に愛知県営名古屋空港(同町)を離陸すると、高度1万5千フィート(約4500メートル)まで上昇し、時速280キロのスピードで太平洋上を飛行した。

 上昇や下降、左右旋回、着陸の模擬などの基本特性を確認し、11時2分に名古屋空港に無事着陸した。

 機長を務めた三菱航空機の安村佳之チーフテストパイロットは「今まで操縦した機体の中でも安定性が高い」と語った。開発計画は5度も延期したMRJだったが、初飛行に失敗はなかったと印象づけた。