マンション傾斜

「裏切られた」恨み節も…三井住友建設会見

 横浜市都筑区のマンションが傾いている問題で、元請け建設会社の三井住友建設幹部が11日の決算説明会で初めて公の場で謝罪した。ただ、一方で「裏切られた」と施工不良とデータ偽装をした旭化成建材への恨み節も口にした。

 「住民に心配、迷惑をかけていることを心より深くおわびする」。決算概要の説明に先立ち、硬い表情のまま頭を下げた同社の永本芳生副社長。「住民の安全、安心を最優先に取り組む」「元請けとして責任を重く受けとめている」などと言葉を継いだ。

 一連の経緯を説明する中で、調査の結果、問題のマンションは「大地震でも倒壊しない構造強度を有している」と言及。不正について「見抜けなかったのは元請けとして誠に慚(ざん)愧(き)のいたり」とした上で、「くい打ち業者を信頼し過ぎた」「裏切られた」と唇をかんだ。

 会見が遅れたことについては「住民のプライバシーに配慮した」と説明した。