「日本一長い路線バス」(奈良〜和歌山)を快適に ノンステップ、背もたれ高め

バスには橿原市から新宮市までの8市町村のキャラクターの描かれている=橿原市
バスには橿原市から新宮市までの8市町村のキャラクターの描かれている=橿原市

 「日本一距離が長い路線バス」として知られ、大和八木駅(奈良県橿原市)と新宮駅(和歌山県新宮市)を約6時間半で結ぶ奈良交通の八木新宮特急バス路線(166・9キロ)に新型車両が導入された。

 新型車は床が低く、乗降しやすいノンステップタイプ。車両は奈良市内などを走る路線バスと変わらないが、長距離の乗客に配慮して背もたれが高い座席を特別に配備した。

 また、バスの外側面には十津川村の「郷士くん」や五條市の「ゴーカスター」、新宮市の「めはりさん」など、沿線8自治体のマスコットキャラクターや観光スポットをデザイン。観光バスとしての役割も果たす。

 新型車は往復計6本のダイヤのうち、八木駅午後1時45分発、新宮駅午前5時53分発の2本で運行される。八木駅-新宮駅の運賃は大人片道5250円。

 運行が始まった2日、新型車に乗車した橿原市の下浦進さん(67)は「シートもゆったりしてていいし、外観も観光アピールになると思います」と話していた。問い合わせは、お客様サービスセンター(電0742・20・3100)。