衝撃事件の核心

闇売買で広がるやせ薬マジンドール 依存性高く副作用も… 自由診療の穴くぐり安易な処方が横行

アーバンライフクリニックのホームページ。「患者様の希望に添った治療を行います」と書いてある
アーバンライフクリニックのホームページ。「患者様の希望に添った治療を行います」と書いてある

 飲むだけで効果がある究極の「やせ薬」。多くの人がそんな期待をよせる薬がある。規制医薬品「マジンドール(商品名・サノレックス)」だ。この薬を不正に横流ししたとして、東京・六本木の開業医の男が逮捕された。薬はそもそも重度の肥満患者のための治療薬で依存性もあるが、実際には医師の裁量で簡単に処方できる。やせたいという現代人の欲望に乗じ、「夢の薬」は闇で売買されていた。

初診料なし、1錠350円

 「サノレックスは最安値ですね」「サノレックスの口コミで知りました」。

 実際に書き込んだのが誰かは不明だが、逮捕された医師が経営していた六本木の医院「アーバンライフクリニック」のサイト。のどから手が出るほど「やせ薬」がほしい客の声らしき文言が並んでいた。

 サノレックスを横流ししていたとして、医師が麻薬取締法違反容疑で関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたのは10月のことだ。

 逮捕容疑は7月、マジンドール1万8千錠を中国人ら3人に約440万円で不正に販売したとしている。麻薬取締部によると、男は昨年から大量のマジンドールを仕入れ、中国人らに販売していた。中国人らも転売目的で購入していたとみられる。男は麻薬取締部の調べに対し、「金が欲しかった」と供述した。

 男は、初診料なしで1錠350円で販売していたようだ。

会員限定記事会員サービス詳細