ソウルで日韓局長級協議 慰安婦問題蒸し返さぬよう接点模索 

 【ソウル=名村隆寛】慰安婦問題などを話し合う日韓の外務省局長級協議が11日午前、ソウルで始まった。協議には、日本の石兼公博アジア大洋州局長と韓国の李相徳(イ・サンドク)東北アジア局長が臨んだ。

 協議は、今月2日にソウルで開かれた安倍晋三首相と韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領による初の首脳会談を受けたもの。会談で両首脳は、将来世代の障害にしないため、慰安婦問題の早期妥結を目指し交渉を加速化させることで一致した。

 朴大統領は先月、慰安婦問題の「年内解決」を一方的に主張。日本側は1965年の日韓請求権協定で問題は法的に「完全かつ最終的に解決」したとの立場を一貫して取っている。

 日本政府は韓国側が求める「解決」に向けて接点を探っているが、今回の協議で日韓双方が受け入れられる合意に至るかは不透明だ。

会員限定記事会員サービス詳細