ローカルプレミアム

栃木名物・かんぴょう(干瓢)がスピーカーに…その透き通った音色に魅了され

【ローカルプレミアム】栃木名物・かんぴょう(干瓢)がスピーカーに…その透き通った音色に魅了され
【ローカルプレミアム】栃木名物・かんぴょう(干瓢)がスピーカーに…その透き通った音色に魅了され
その他の写真を見る (1/2枚)

 一つひとつ違う顔で、愛くるしい表情が人気の「かんぴょうスピーカー」。本体の素材になるユウガオの実の収穫後に出荷されるため、「畑でとれるスピーカー」の名も付いた。カンピョウの産地、栃木県小山市駅南町のオーディオ専門店「サウンドテック高橋電機」が開発し、12月から本格販売される。「リビングに置きたいのでもっと小さいものを作って」と天然物ゆえに難しい注文もあるが、試験販売段階から女性を中心に大反響でうれしい悲鳴という。

バイオリンの祖先

 「かんぴょうスピーカーは、経済産業省と農林水産省から「地域産業資源活用事業計画」の認定を受け、小山商工会議所で10月下旬、同社の高橋昭社長に認定書が交付された。